アーティスト×若い力×場所=?

 

 若伊達プロジェクト第二弾として立ち上がった本企画は、

 

 

「仙台や他の都市で活躍しているアーティストをファシリテイターとして招き、公募による若手劇団員・学生演劇部員ら在仙の若手演劇人チームと短期間のワークショップによる作品創作を行い、仙台市内の劇空間で発表する。」

 

 

という、全国規模かつ、幅広いジャンルのアーティストと若手演劇人との交流を図れる機会となる企画となっております。

 

 

 在仙劇団が多く利用する劇場の他に、街中にあるパフォーミングアートに使用できる施設の協力を得て、普段とは少し違った会場での上演を行いました。


 本企画をきっかけに、今後、様々な場所での舞台上演が可能になるのではないかと考えています。